PancakeSwap(パンケーキスワップ)とは?特徴からリスクまでDeFi歴3年の僕が徹底解説

DeFi初心者さん

DeFiを始めるならパンケーキスワップがおすすめって聞いたんですけど、パンケーキスワップって何ですか?

今回はこんな疑問を解決していきます。

本記事の内容

  • パンケーキスワップとは?
  • パンケーキスワップの特徴
  • パンケーキスワップでできること・稼ぎ方
  • パンケーキスワップのメリット
  • パンケーキスワップのリスク

この記事では、PancakeSwap(パンケーキスワップ)の概要や特徴、リスクについてDeFi歴3年の僕が徹底解説させていただきます。

DeFi初心者でも分かるように、できる限り難しい用語は使わずに解説していきますので、ぜひご一読ください。

それでは、早速いってみましょう!

パンケーキスワップ完全ガイド(初心者向け)

これからパンケーキスワップを始めてみたいという方は、こちらの記事も参考になります。
【2022年12月最新】PancakeSwap(パンケーキスワップ)の始め方・やり方 | 簡単12ステップで解説【DeFi入門】

補足:記事の信頼性について

やまぶー

以下の実績を持つ仮想通貨・DeFi投資家のやまぶー(@yama_booo)が解説します。
  • 仮想通貨・ビットコイン投資歴3年
  • 仮想通貨・DeFiの未来を信じて1,000万円以上を運用中
  • 自ら身銭を削って得た仮想通貨の知識を発信しています。詳しいプロフィールは「こちら」です。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)とは?


PancakeSwap(パンケーキスワップ)とは、2020年9月にローンチされた仮想通貨のDEX(分散型取引所)です。

DEX(分散型取引所)とは、管理者がいない取引所のことで、管理者の代わりにブロックチェーン上のプログラムが資金を管理しています。

ちなみに、コインチェックビットフライヤーなど皆さんがいつも使っている取引所は、企業が管理しているので、DEXの反対で「CEX(中央集権型取引所)」と呼ばれたりもします。

DEXとかCEXとか言われて難しく感じるかもですが、とりあえず、「パンケーキスワップはプログラムで自動で動いてるんだなー」くらいの理解で大丈夫です!

PancakeSwap(パンケーキスワップ)の特徴

続いて、パンケーキスワップの特徴を3つ紹介します。

  • 特徴①:BSC(バイナンススマートチェーン)上で動く
  • 特徴②:世界で1番多く使われているDEX
  • 特徴③:独自トークンであるCAKEを発行
順番に解説します。

特徴①:BSC(バイナンススマートチェーン)上で動く

DeFiの世界には、

  • イーサリアムチェーン
  • BSC(バイナンススマートチェーン)
  • Solana(ソラナ)チェーン
  • Polygon(ポリゴン)チェーン
  • Avalanche(アバランチ)チェーン

など、無数のチェーンがあります。

もしかしたら、「ソラナ」とか「ポリゴン」といったワードを聞いたことがあるかもですが、あれはチェーンの種類のことなんですね。

パンケーキスワップは、無数にあるチェーンの中のBSC(バイナンススマートチェーン)上に構築されており、BSC上の最初のプロジェクトの1つでもあります。

特徴②:世界で1番多く使われているDEX

そんなパンケーキスワップは、記事執筆時点では、世界で最もユーザーの多いDEXです。

引用:Dapp Radar

上記は、Dapp Radarというサイトのスクショですが、過去30日間のユーザー数が300万人を超えており、2位のKatanaに8倍以上の差を付けています。

もちろん、日本人のユーザーも多く、DeFi初心者はもちろん上級者の方も普通に使っている印象ですね。

ユーザーが多い分、日本語の情報もたくさんネット上に落ちています。

初心者がつまずきやすいポイントは、先輩DeFi戦士たちがブログやnoteにまとめてくれているので、ググれば大体解決できるかなと思います。

特徴③:独自トークンであるCAKEを発行

また、パンケーキスワップでは「CAKE」という独自トークンを発行しています。

後ほど紹介する「ファーミング」や「ステーキング」では報酬として「CAKE」がもらえます。

余談ですが、「パンケーキを焼く」という言葉は、「ファーミングやステーキングをしてCAKEを獲得する」という意味合いですね。また、パンケーキスワップを使っている人のことを「パンケーキ職人」と言ったりもします。

僕も、一人前のパンケーキ職人を目指して毎日コツコツ、パンケーキを焼いています。笑

PancakeSwap(パンケーキスワップ)できること・稼ぎ方

パンケーキスワップでできることは、主に以下の3つです。

  • できること①:スワップ
  • できること②:ファーミング
  • できること③:ステーキング
簡単にそれぞれ解説します。

できること①:スワップ

まずは、スワップです。これは、シンプルに仮想通貨の交換のことです。

例えば、

自分の持っているBNB(バイナンスコイン)をBUSDに交換する

みたいなイメージです。


上記は、パンケーキスワップのスワップ画面ですが、上に交換元、下に交換先の通貨を指定して、「スワップ」ボタンを押せば、簡単にスワップできちゃいます。

指値とか成行とか難しい言葉も出てこないので、初心者の方でもすんなり使いこなせるかなと思います。

スワップの詳しいやり方については以下の記事で解説してるので、よかったら参考にしてみてください。
PancakeSwap(パンケーキスワップ)の使い方・スワップ編【簡単4ステップ】

できること②:ファーミング

2つ目はファーミングです。

ファーミングとは、2種類の通貨をペアにして、パンケーキスワップに流動性を提供することで、報酬としてCAKEがもらえる仕組みのことです。


上記は、パンケーキスワップのファーミング画面ですが、預ける通貨ペアによっては、年利が100%オーバーのものもあります。

100万円分を1年間預けたら200万円になって返ってくるみたいなイメージですね。

この年利の高さがパンケーキスワップの魅力の1つで、多くのDeFi民を惹きつける理由でもあります。

とはいえ、これだけリターンが大きいということは、それ相応のリスクも伴うので、リスクをしっかりと理解した上で、ペアを選ぶようにしましょう。

ファーミングのリスクや通貨ペアの選び方については、以下の記事で詳しく解説しているので、参考にしてみてください。
【DeFi入門】PancakeSwap(パンケーキスワップ)ファーミングのやり方を専門用語なしで解説

できること③:ステーキング

最後にステーキングです。

ステーキングとは、ファーミングでもらったCAKEを預けて、さらに報酬としてCAKE(もしくは別の仮想通貨)をもらう仕組みのことです。


上記は、パンケーキスワップのステーキング画面ですが、CAKEを預けることで年利60%以上で運用することができます。

100万円分のCAKEを1年間預けたら160万円になって返ってくるみたいなイメージですね。

パンケーキスワップの全体像をまとめると以下の通りで、

ファーミングする

CAKEをもらう

CAKEをステーキングする

複利でCAKEが増えていく

ファーミングとステーキングを組み合わせつつ、雪だるま式にCAKEを増やしていくのが一番オーソドックスな運用戦略になります。

とはいえ、言葉だけだとイメージしにくいと思うので、具体的なやり方は以下の記事を参考にしてみてください。
【DeFi入門】PancakeSwap(パンケーキスワップ)ステーキングのやり方を分かりやすく解説

その他できること

パンケーキスワップには、上記以外にも、

  • 宝くじ(Lottery)
  • IFO(イニシャルファームオファリング)
  • NFT売買

などの機能もありますが、初心者の方は一旦スルーでOKです。
まずは、パンケーキスワップの基礎となる、

  • スワップ
  • ファーミング
  • ステーキング

の3つの使い方をマスターしましょう。

ある程度、慣れてきて余裕が出てきたら、触ってみるみたいな順番で大丈夫です。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)のメリット

続いて、パンケーキスワップを使うメリットを紹介していきます。

メリットとしては、以下の4つがあります。

  • メリット①:ガス代が圧倒的に安い
  • メリット②:処理スピードが速く
  • メリット③:サイトが見やすい・使いやすい
  • メリット④:日本語対応(多言語対応)してる
詳しく解説します。

メリット①:ガス代が圧倒的に安い

1つ目のメリットが、ガス代の安さです。

ガス代とは、取引などを実行する時にかかる手数料のことで、先ほど紹介した「スワップ」「ファーミング」「ステーキング」など、何をするにしてもガス代が発生します。


上記は、実際にパンケーキスワップでスワップ(仮想通貨の交換)した際のガス代ですが、0.000812 BNB(=約40円)のガス代が発生しています。

ちなみに、イーサリアムでは、毎回、数百円〜数千円もガス代がかかるので、その差は歴然ですね。

初心者の方は、少ない資金からDeFiを始めると思うので、安いガス代でファーミングやステーキングを試せるのは大きなメリットだと思います。

メリット②:処理スピードが速く

また、パンケーキスワップは処理スピードもめちゃめちゃ早いです。

チェーンが混雑していなければ、1分もかからずに処理が完了します。

もちろん、最近は、Solana(ソラナ)チェーンなど、さらに速いチェーンも出てきていますが、パンケーキスワップの処理スピードでもまったくストレスなく使えます。

メリット③:サイトが見やすい・使いやすい

3つ目が、サイトの「見やすさ」「使いやすさ」です。

ただでさえ難しいDeFiをするのに、サイトが絶望的に使いにくかったら、初心者の心は一瞬で折れちゃいますからね。

その点、パンケーキスワップは、デザインがシンプルで見やすく直感的に操作できます。

どのDEXも基本的な使い方は同じなので、まずは、使いやすいパンケーキスワップでDEXの使い方をマスターして、

  • Uniswap(イーサリアムチェーン)
  • Raydium(Solanaチェーン)
  • Katana DEX(Roninチェーン)

など、その他チェーンのDEXにチャレンジするのが王道ルートかなと思います。

メリット④:日本語対応(多言語対応)してる

4つ目が、日本語対応している点です。

日本語対応というよりは、多言語対応と言った方が正しいかもですが、記事執筆時点で28の言語に対応しています。

これも、パンケーキスワップが世界で一番使われている理由の1つですね。

また、日本語対応といいつつ、変な翻訳で使いにくいサイトもありますが、パンケーキスワップは違和感のない日本語になっているので、国産のサービスを利用しているような感覚で操作できると思います。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)のリスク

ここまでパンケーキスワップのメリットを紹介してきましたが、もちろんリスクやデメリットもあるので、そちらについても触れておきます。

パンケーキスワップのリスクは、大きく以下の3つです。

  • インパーマネントロス
  • CAKEの価値が下がる(orなくなる)
  • ハッキングリスク

DeFiの世界は高い利率とひきかえに、上記のようなリスクが常につきまといます。

どれだけ対策をしても防ぎようのないものもあるので、必ず余剰資金の範囲で投資するようにしてくださいね。

とはいえ、リスクを恐れて、DeFiというビッグウェーブに乗らない方が僕はリスクだと思うので、リスクを理解した上で、まずは、少額でもいいから始めてみるのがいいかなと思います。

リスク①:インパーマネントロス

インパーマネントロスとは、2種類のトークンを預けてファーミングした際に、どちらか一方のトークンが急激に値上がりしたり or 値下がりしてしまった場合に損をするリスクです。

超簡単に言うと、「ファーミングせずに普通に仮想通貨を持ってた方が儲かってた・・・」という損失のことです。

特に、時価総額の低い草コインを使ってファーミングすると、インパーマネントロスのリスクが高くなるので要注意です。高い年利に踊らされてファーミングするとだいたい痛い目に遭います。(経験談w)

なお、インパーマネントロスについては、「ApeBoard」というサイトを使うと簡単に調べることができるので、初心者の方は定期的にチェックしつつ運用するのがおすすめです。

リスク②:CAKEの価値が下がる(orなくなる)

また、CAKE自体の価値が暴落してしまう可能性もゼロではないです。

パンケーキスワップよりも圧倒的に魅力的なDEXが登場すれば、ユーザーが一気に離れてCAKEの価格が暴落するなんてことも十分あり得ます。

DeFiの世界は、本当に変化のスピードが早いので常に界隈の情報にアンテナを張りつつ、日々、情報をアップデートするようにしましょう。

リスク③:ハッキングリスク

最後がハッキングのリスクです。

DeFiの世界では、定期的に大規模なハッキング事件が起きています。

パンケーキスワップはこれまでハッキングの被害を受けたことがないですが、正直、いつハッキングされるか分かりません。

DeFiをやる以上「ハッキングリスク」は常に頭の片隅においておきましょう。

とはいえ、ハッキングに関しては、僕ら側で対策するのが難しいので、

  • 資金を分散させる(卵を一つのカゴに盛らない)
  • 余剰資金の範囲で運用する

といった基本的なことを徹底するしかないかなと思います。

まとめ:パンケーキスワップでDeFiデビューしよう!


この記事では、パンケーキスワップの概要や特徴、リスクについて解説しました。

要点まとめ

  • パンケーキスワップは世界で最も使われているDEX
  • ガス代が安いので少額からDeFi運用を始めたい人に最適
  • 日本語対応&使いやすいデザインなので初心者も安心して使える
  • 「ファーミング」や「ステーキング」をしてCAKEを稼ぐことができる
  • 比較的、安全に運用しても年利20〜30%は稼げる

前述のとおり、DeFi運用にはリスクも伴いますが、僕はリスクを恐れてDeFiというビッグウェーブに乗らない方がリスクだと思います。

しっかり防御力を高めながら、果敢に攻めて資産を増やしていきましょう!

パンケーキスワップ完全ガイド(初心者向け)

パンケーキスワップを始めてみようかなと思った方は、以下の記事も参考にしてみてください。パンケーキスワップの始め方をステップバイステップで解説しています。
【2022年12月最新】PancakeSwap(パンケーキスワップ)の始め方・やり方 | 簡単12ステップで解説【DeFi入門】

パンケーキスワップ関連記事

PancakeSwap(パンケーキスワップ)とは?特徴からリスクまでDeFi歴3年の僕が徹底解説 【DeFi入門】PancakeSwap(パンケーキスワップ)ファーミングのやり方を専門用語なしで解説 【DeFi入門】PancakeSwap(パンケーキスワップ)ステーキングのやり方を分かりやすく解説 【DeFi入門】PancakeSwap(パンケーキスワップ)ファーミング・ステーキングのやめ方・解除方法 PancakeSwap(パンケーキスワップ)のおすすめ通貨ペアをリスク別に紹介!【DeFi入門】

本日は以上です。
最後までお読みいただきありがとうございましたm(_ _)m

DeFiビギナーズノートでは、これからも仮想通貨初心者の「困った」を解決できるように、有益な情報を発信していきますので、応援よろしくお願いします!


おすすめの国内仮想通貨取引所

【初心者向け】Coincheck(コインチェック)で口座開設する手順【簡単3ステップで解説】 【完全無料】bitFlyer(ビットフライヤー)で口座開設する流れを解説【簡単5ステップ】 【2022年最新】GMOコインの口座開設・本人確認の流れを画像46枚で徹底解説!

おすすめの海外仮想通貨取引所

【スマホ完結】Bybit (バイビット)の口座開設方法・本人確認のやり方を解説! 【2022年12月最新】BINANCE (バイナンス)の登録・口座開設方法を画像76枚で解説!【スマホアプリ版あり】 【紹介コードあり】MEXC(旧MXC)の口座開設方法・本人確認の手順を解説【スマホアプリ版】

仮想通貨を始めたいけど軍資金がない方はこちら

【保存版】セルフバック(自己アフィリエイト)のやり方は?手軽に10万円稼げるオススメ案件も紹介 【2022年12月最新】タダで仮想通貨や現金がもらえるお得なキャンペーンまとめ【やらなきゃ損】

おすすめのMove to Earnアプリ

【最新10選】Move To Earn(M2E)おすすめアプリを紹介!歩いて仮想通貨が稼げる仕組みも解説 【超かんたん】STEPN(ステップン)の始め方・稼ぎ方|NFTスニーカーの選び方から稼ぐコツまで徹底解説! 【招待コードあり】Calo Run(カロラン)とは?始め方や仮想通貨の稼ぎ方を解説【NFT・M2E】 【2022年12月最新】RunBlox(ランブロックス)とは?始め方や仮想通貨の稼ぎ方を解説【NFT・M2E】 【2022年12月最新】Fitmint(フィットミント)とは?始め方や仮想通貨の稼ぎ方を解説【NFT・M2E】 【2022年12月最新】AMAZY(アメイジー)とは?始め方や仮想通貨の稼ぎ方を解説【NFT・M2E】 【2022年12月最新】MoveZ(ムーブゼット)とは?始め方や仮想通貨の稼ぎ方を解説【NFT・M2E】 Sweatcoin(スウェットコイン)の始め方・稼ぎ方!仮想通貨を歩いて稼ごう 【初期費用ゼロ】Walken(ウォーケン)の始め方・遊び方|レベル上げや攻略方法も解説! 【招待コードあり】Aglet(アグレット)の始め方・稼ぎ方 | 歩いて仮想通貨が稼げるNFTゲームのやり方を徹底解説 歩いて稼ぐアプリ!ステラウォークの始め方|いくら稼げるかも検証してみた【STEPNと併用OK】 【2022年12月最新】話題のNFTゲーム・Genopets(ジェノペッツ)の始め方・稼ぎ方【無料でできます】