PancakeSwap(パンケーキスワップ)の使い方・スワップ編【簡単4ステップ】

DeFi初心者さん

  • パンケーキスワップで仮想通貨のスワップ(交換)をしたいです!
  • とはいえ、使い方がまったくわからないので基礎から教えてください。

今回はこんな悩みを解決していきます。

本記事の内容

  • パンケーキスワップで仮想通貨をスワップ(交換)する方法
  • スワップができない時の確認リスト
  • スワップできな時にスリッページを調整する方法
  • パンケーキスワップのスワップに関するよくある質問

仮想通貨同士のスワップ(交換)は、パンケーキスワップの最も基本的な機能です。

スワップ機能を使いこなせるようになるのが、パンケーキ職人への第一歩です。

本記事では、パンケーキスワップでスワップする手順を初心者の方でも理解しやすいように、画像をたくさん使いつつ解説していきます。

記事の後半では、よくある質問にも回答してますので、そちらも参考にしてみてください。

それでは、早速やっていきましょう!

パンケーキスワップ完全ガイド(初心者向け)

これからパンケーキスワップを始めてみたいという方は、こちらの記事も参考になります。
【2022年7月最新】PancakeSwap(パンケーキスワップ)の始め方・やり方 | 簡単12ステップで解説【DeFi入門】

補足:記事の信頼性について

やまぶー

以下の実績を持つ仮想通貨・DeFi投資家のやまぶー(@yama_defi)が解説します。
  • 仮想通貨・ビットコイン投資歴3年
  • 仮想通貨・DeFiの未来を信じて1,000万円以上を運用中
  • 自ら身銭を削って得た仮想通貨の知識を発信しています。詳しいプロフィールは「こちら」です。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)で仮想通貨をスワップする手順


それでは早速、パンケーキスワップで仮想通貨をスワップする方法について解説していきます。

手順は、以下の4ステップです。

  • ステップ①:パンケーキスワップとメタマスクを接続する
  • ステップ②:スワップする仮想通貨を選択する
  • ステップ③:スワップする仮想通貨の数量を入力する
  • ステップ④:スワップする

順番に解説します。

ステップ①:パンケーキスワップとメタマスクを接続する

①まずは、以下のリンクをクリックして、パンケーキスワップのサイトを開きます。
PancakeSwapはこちら


②上記の画面が開いたら、右上の「Connect Wallet」をクリックします。


③すると、接続できるウォレットが表示されるので、メタマスクを選択します。


④上記のようなポップアップが表示されるので「次へ」をクリックします。


⑤続けて、「接続」をクリックします。


⑥先ほどまで「Connect Wallet」と表示されていた部分に、自分のウォレットアドレスが表示されれば、接続完了です。

ステップ②:スワップする仮想通貨を選択する


①接続が完了したら、画面左上の「Trade」→「Exchange」の順にクリックします。


②すると、上記のような画面になります。こちらがパンケーキスワップのスワップ画面です。今回は、例としてBNBをBUSDに交換したいと思います。


③Swap画面の、上の欄にBNB、下の欄にBUSDを選択します。上の欄はすでに、BNBが選択されているので、下の欄をCAKEからBUSDに変更します。赤枠で囲んだ「CAKE」をクリックします。


④すると候補の中に「BUSD」が表示されるので、クリックします。


⑤上記のように、上の欄にBNB、下の欄にBUSDが選択されればOKです。

ステップ③:スワップする仮想通貨の数量を入力する


①次に、スワップする数量を入力します。今回は、1BNBをBUSDにスワップしてみます。赤枠で囲んだ部分に「1」と入力します。


②ちなみに、赤枠で囲んだMAXを入力するとウォレットに入っているすべての数量を指定することもできます。

注意
BSC(バイナンススマートチェーン)ではガス代としてBNBが必要なので、必ず常にウォレット内に少量のBNBを残しておくようにしましょう。MAXをクリックして全てのBNBを交換してしまうと、ガス代が払えなくなるので要注意です。


③下の欄のBUSDの数量は自動で入力されるので、特にイジる必要はありません。

ステップ④:スワップする


①数量を指定したら、最後に、Swapボタンをクリックします。


②すると上記のような画面になるので、内容を確認して「Confirm Swap」をクリックします。


③スワップする時に発生する手数料が表示されるので、内容を確認して「確認」ボタンをクリック。


④「Close」をクリックします。以上で仮想通貨のスワップは完了です。


⑤最後に、念の為メタマスクを開いて、BUSDが入っているかも確認しておきましょう。上記のようにBUSDが増えていれば成功です!

PancakeSwap(パンケーキスワップ)でスワップできない時の確認リスト


上記の手順どおりにスワップをやってるんだけど、「なぜかスワップできないです!」という方は、一度、以下の項目を確認してみてください。

  • ①ガス代を支払うだけのBNBがウォレットの中にあるか?
  • ②スリッページの設定は適切か?
  • ③ガス代の設定は適切か?
  • ④PCのキャッシュを消去してみる
  • ⑤ブラウザを再起動してみる
  • ⑥PCを再起動してみる
  • ⑦デバイスを変えてみる

特に、②のスリッページが原因でスワップできないケースが多いので、スリッページについては次の章で詳しく解説します。

また、DeFiの分野はまだまだ発展途上のためアプリケーションがとにかく不安定です。

スワップができずにごにょごにょしている間に、アプリケーションがバグってしまっている場合もあるので、パソコンのキャッシュを消したり、再起動してから、もう一度、チャレンジしてみるのも有効です。

あと、スマホはパソコン以上に動作が不安定なので、スマホでうまくいかない方はパソコンからやってみると、すんなりスワップできちゃうケースもあります。

確認リストを参考にしつつ、いろいろ試してみてください。

スワップできない原因のほとんどがスリッページ

そもそもスリッページとは?

スリッページとは、スワップをするときに、表示された金額と実際に取引される金額にズレが生じることです。

例えば、

1BNB=400BUSDで注文したのに、実際に取引が完了したら1BNB=395BUSDになってた

みたいな感じです。

急激な価格変動や流動性が不足していると価格が滑りやすく、その価格のズレをどこまで許容するかが「スリッページ」です。

で、スリッページをどれくらいに設定すればいいの?

僕の経験上、スリッページを5〜15%くらいまで上げるとエラーが解消するケースが多いです。

15%も価格変動を許容しないとダメなんですか!と言いたくなる気持ちもわかりますが仕方ありません。

5%、8%、10%・・・と段階的にスリッページを上げつつ、スワップできる数値を探っていきましょう。

スリッページを調整する手順

スリッページを調整する手順は以下の通りです。


①スワップ画面を開いて、赤枠で囲んだ歯車アイコンをクリックします。


②次に、赤枠で囲んだ部分に数値を入力します。今回は例としてスリッページを「5%」に設定してみます。


③スリッページを入力できたら、そのままスワップ画面に戻ります。特に保存ボタンなどはないです。スワップ画面に戻って、赤枠で囲んだ部分に「5%」と表示されていれば設定完了です。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)でのスワップに関するよくある質問(FAQ)

よくある質問①:スワップ時に発生するガス代(手数料)はどこで確認できますか?

Swapボタンをクリックした後、以下のようなポップアップが表示されると思いますが、その画面でガス代を確認できます。


こちらの画面ですね。赤枠で囲んだ部分がガス代です。

1BNBをスワップするのに「ガス代が0.000812BNBかかりますよ」という意味になります。

ちなみに、0.000812BNBは日本円に換算すると約39円くらいです。イーサリアムチェーンでは数千円のガス代がかかるので、それに比べるとかなり安いですよね。

ただ、タイミングによっては、ガス代が高騰している場合もあるので、初心者の方は、毎回、どれくらいのガス代が発生しているか確認するクセを付けておくようにしましょう。

よくある質問②:ガス代はどうやって調整すればいいですか?

よくある質問①のガス代を確認するタイミングで、ガス代を調整することもできます。

ガス代を調整する手順は以下の通りです。

①赤枠で囲んだ編集をクリックします。


②すると上記のような画面になるので、「Edit suggested gas fee」をクリックします。


③赤枠で囲んだ矢印をクリックして「Gas price」を調整します。


④Gas priceを調整したら「保存」ボタンをクリックします。

ちなみに、ガス代は、価格を上げると処理のスピードが早くなり、下げると遅くなります。どうしても、急いで処理を通したい時は、上記の手順でガス代を上げるみたいなイメージです。

とはいえ、最近はウォレット側がいい感じに設定してくれるので、初心者の方はそこまで気にする必要はなしです。

補足:用語解説

・ガス価格(GWEI)とは?
ガス価格を上げることで処理が優先されます。急ぐ必要が無い場合は5~10でOKです。
・ガスリミットとは?
ガス代(手数料)の最大値です。ほとんどのトランザクションは21000Gasで実行されるので、基本的に変更する必要はありません。

よくある質問③:スワップしたはずのトークンがメタマスクにありません!どうしたらいいですか?

スワップしたのにメタマスクに表示されない!という場合は、以下の手順でメタマスクにトークンを追加すれば表示されるケースが多いです。


①メタマスクを起動して、赤枠の「import tokens」をクリックします。


②追加したいトークンを検索窓に入力します。今回は、「BUSD」と入力して検索してみます。


③検索結果に「Binance USD(BUSD)」と表示されるので選択して「次へ」をクリックします。


④最後に、確認画面が表示されるので問題なければ、「Import Tokens」をクリックします。


⑤メタマスクのホーム画面に戻ると、BUSDが追加されているのがわかります。以上でトークンの追加は完了です。

ちなにみ、検索してもトークンが表示されない場合は、コントラクトアドレスというものを使ってトークンを追加します。

その手順については、以下の記事で詳しく解説しているので、よかったら参考にしてみてください。
【初心者向け】メタマスク(MetaMask)にトークン追加をする方法

まとめ:パンケーキスワップで仮想通貨をスワップする方法


この記事では、パンケーキスワップで仮想通貨をスワップする方法を解説しました。

最後に内容をおさらいしましょう。

パンケーキスワップでスワップする手順

  • パンケーキスワップとメタマスクを接続する
  • スワップする仮想通貨を選択する
  • スワップする仮想通貨の数量を入力する
  • スワップする

これまで使っていた取引所とは画面の構成がまったく違うので、最初は戸惑うかもですが、繰り返しスワップをしながら慣れていけばOKです。

一人前のパンケーキ職人を目指して、コツコツがんばっていきましょう!

本日は以上です。
最後までお読みいただきありがとうございましたm(_ _)m

DeFiビギナーズノートでは、これからも仮想通貨初心者の「困った」を解決できるように、有益な情報を発信していきますので、応援よろしくお願いします!

PancakeSwap(パンケーキスワップ)とは?特徴からリスクまでDeFi歴3年の僕が徹底解説 【DeFi入門】PancakeSwap(パンケーキスワップ)ファーミングのやり方を専門用語なしで解説 【DeFi入門】PancakeSwap(パンケーキスワップ)ステーキングのやり方を分かりやすく解説 【DeFi入門】PancakeSwap(パンケーキスワップ)ファーミング・ステーキングのやめ方・解除方法 PancakeSwap(パンケーキスワップ)のおすすめ通貨ペアをリスク別に紹介!【DeFi入門】